子育て

ちびこの誕生

忘れないうちにちび子誕生の記録を。

予定日すぎること10日にちび子は誕生しました。

出産する前日に入院。
午後7時にラミナリア挿入(これがめちゃくちゃ痛かった。入れるのも抜くのも大変でした)。

出産当日の午前4時ごろに陣痛開始。
子宮口3.5センチ大となりラミナリアを抜くが、その後陣痛のペースが落ちる。

午前8時に陣痛促進剤投入(最初は微量からスタートし徐々に投入量が増えます)。
午前11時ぐらいまでは笑ったり会話したりできていましたが、お昼ぐらいから笑えないぐらいの痛みが開始。
この時子宮口5センチ大。
あまりの痛みに助産師さんに陣痛促進剤を止めるように依頼しましたが、陣痛のペースが落ちるとだめなので分娩までマックスで入れることに。

マタニティヨガの呼吸法を思い出し必死で呼吸するも、あまりの陣痛の痛みに息ができず。
お産を完全になめていたことを思い知る。

ちび子が自分の胎内を通っていることを呼吸のあいまに感じる。自分が息をとめてしまうとちび子がもっと苦しくなると思い、呼吸に意識を集中(無痛分娩にしなかったことを心から後悔しました)。分娩台の上で陣痛のあいまに流産した時のことを思い出し、今度こそは無事に産んであげたいと思う。

午後4時45分、ちび子誕生。ちび子を見たとき(胸の上においてくれました)今まで感じたことのない感情(なんていえばいいのかわからない)がわいてくる。

今は日々時にちび怪獣と化すちび子ですが寝顔は愛おしく、この子を守れるのは自分だけだという思いがわいてきます。まだまだ母親稼業一か月半。これからも適度に手を抜きつつ頑張ります。

カテゴリー:子育て