未分類

人の顔を書きだした次女、統計学を勉強しだした母

そろそろ2歳を折り返す次女。人の顔を先月ぐらいから書くようになりました。まだ言葉も拙い子が人の顔を書けるようになったのかと思うと驚くと同時に感動します。人の顔を書けるようになるというのはかなりの成長ポイントだと思うのですが、皆さんはどうでしょうか。

20190529_1502305273581775179389668.jpg

さて、今月から統計学を勉強しだしました。数年前に一度トライしましたが、下の子の妊娠、出産と重なりなかなか時間がとれず中断していました。再開した動機はERPシステムの理解が経理業務を行う上で必須だからです。統計学とシステムがどう結びつくのか分かりにくいのですが、要はデータサイエンスを学ぶ第1歩として統計学を学ぼうと思っています。Amazonが90年代後半から機械学習を利用した業務の効率化を行ってきたことはよく知られています。わが職場でも業務のオートメーション化が進んでいます。その中で求められる人材像は単に注意深い、会計知識を持っているだけではなく、システムを使って業務の効率的、効果的な運用ができる人、提案できる人に変わってきつつあります。私の母は40歳から税理士を勉強しはじめ、今現在も税理士業を続けています。今からでも遅すぎることはないはずと思い切って始めることにしました。

勉強の記録も順次アップしていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

カテゴリー:未分類