メイドさんから値上げを要求される

昨日、突然メイドさんからメッセージが届いた。

Do you want me to renew?

メイドさんとの契約更新は来年2月を予定している。

うん、更新したいと返すと、

  • 更新はOK
  • しかし食事代と給料をあげてほしい

ときた。うちのメイドさんはそこそこいい条件で働いている。現在、フィリピン人のメイドさんの相場は月額600~800SGDである。その上の方のレンジで払っており、食事代を別途渡している。
さらに我が家は日中は子供たちはそれぞれ保育園に行っているため、メイドさんは昼間は完全フリータイムである。また、私も主人も子供の面倒をみてくれれば後は特に要求することはないと考えているので
彼女は私たちが帰ってくるとお役御免となる。遅くとも8時には自分の部屋に戻っている。

好待遇で雇っているとばかり思っていたがそれはこちらの片思いだったようだ。

一応、食事代が足りないなら、私たちと一緒に食事しない?自分の好きなものがあるならそれを買ってよいと提案したが、給料を上げてほしいとの一点張りである。

これは潮時かなと思った。

Sadly if you don’t agree, I would say I let you goと話した。

今までの経験上言えることはこちらが精いっぱい尽くしても、メイドさんはお金で雇い主を図るということだ。当然といえば当然である。

彼女の前の雇い主は香港の大金持ち。月額給与は我が家より低かったもののことあるごとに彼女にお金を渡し、広い部屋を彼女にあげていた。彼女がやることは主に掃除と料理。子供は大きいので子供の世話はない。

そこと比べられると我が家の分はすこぶる悪い。未就学児が二人いる。子供の世話は親が基本的にはみるべきと考えているので、彼女には送り迎えを主として頼んでいたが、前雇用主のもとで思いっきりフリータイムをエンジョイしていた彼女からすれば辛かったのかもしれない。

ちなみに私も主人もあまり人をジャッジすることを好まないし、雇ってからは基本的に彼女のやり方を尊重してきた。それでも彼女から給料条件等に不満があると言われた。

2月の契約満了まで私も普通にふるまうだろうし、彼女も普通にふるまうだろう。それにしても人を雇うのは一筋縄ではいかない。同僚に愚痴ると、

  • 最初から好待遇で迎えすぎ
  • 厳しくしすぎるのもいけないけど、簡単に10ドル、20ドルが手に入ると思わせてはいけない

と言われた。一度、現メイドさんに日曜日に臨時で働けないか打診したことがある。契約上は27ドルである。少し子供を連れていきづらい外出だったので頼んだ。

契約通りに追加手当を渡すからエージェントにいくらなのか聞いて、と頼んだのだ。
すると、これまた仕事中に「Mom,前の雇用主は80‐100SGDくれました。27ドルなんかで働きたくありません。最低でも50ドルは必要です」とメッセージがきた。

「Mom,私は姉に聞きました。姉の雇用主でも50SGDくれます」ときた。正直にいえば、27でも50でも良いのだ。どちらにしても安い。しかし、私はショックだった。自分と常識が違いすぎることに眩暈がした。
世間を私はしらなかったのかもしれないし、先進国にいすぎたのかもしれない。私は契約や法律を遵守すれば問題ないと思っていた。しかし、相手が契約や法律の重要さを理解してなかったらどうなる?

とはいえ、彼女は2年間近く特に問題もおこさず送迎をしてくれたし、子供が急に熱を出した時でどうしても私が仕事を抜けられない時には見てくれた。ありがたいといえばありがたい。

ということでI appreciate your contribution so I will write down the letter of recommendationといって円満に契約を終わらせることにした。

良いメイドさんを見つけるのは本当に至難の業である。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

メイドさんから値上げを要求される」への1件のフィードバック

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。