Enjoy Diversity」カテゴリーアーカイブ

iO Italian Osteria@Hill View

先週土曜日に新年会をかねて韓国人の同僚とランチした。
かれこれ会うのは10カ月ぶりぐらい。今でも在宅勤務が続いているので、貴重なひとときとなった。

さて、iOレストランは私は2回目。
シンガポールにも数々のイタリアンレストランがあるけれど、ここはパスタ以外のサラダやお肉もとても美味しいのだ。
なので予約必須。

シンガポールのはずれにあってシティから行くのには不便だが、私もひなびたところに住んでいるので、なんの問題もない。ちなみに私の住所はグラブタクシーやゴジェックのGPSルートが正しく表示されないぐらい田舎である。iOレストランはそこまで田舎ではないので安心してほしい。

さて最寄のバス停からテクテク歩くと、モール入口が見えてくる

2階をあがったすぐ右手にレストランがある。

ここが初めて行った時は開店前から人がたむろっていた

久々に同僚に会い、話がはずむ。子供3人のママの彼女。お酒も飲めるし、よく食べる人なのだ。

頼んだのはブラッターチーズ、パスタ、豚のオーブン焼き。

このブラッターチーズが食べたくてiOレストランに来たといっても過言ではない。うちの近所のイタリアンにもブラッターチーズがメニューにある。しかし、パッサパサだったのだ。でもここのはチーズが柔らかくてジューシーなのだ。ぜひ注文してほしいと思う。

お次は韓国人ママおすすめのパスタ。量が少ないのはマイナスだけれどトマトパスタにありがちな酸味がなくでもあっさりしていて美味しい。

最後に豚のオーブン焼き。本当は豚のオーブン焼きというダサい名前ではなくおしゃれな横文字である。自分がおしゃれな横文字だと頭に入ってこないので、豚のオーブン焼きと勝手に名付けた。これは表面がカリッとしていて中がとろーっと柔らかい。塩気が強いのでいよいよここでビールが欲しくなった。

ランチをしながら気になっていたこと。あまり彼女が食べない。コロナ前はよく食べていたのに。ちなみに私はせっかく田舎から出てきたのでビールも飲みたいけど、デザートも頼みたい。ネットでみたチーズケーキもどきが美味しそうだったのだ。

でも、彼女をみると一向に追加で頼む気配がない。

聞くと「私、在宅勤務で10キロ太ってやっと10キロ落とせたところなの」という。在宅勤務で食べ続け、気づくとお相撲さんのようになってしまったんだとか。鏡をみて愕然とし、ハードなトレーニングを自分に課したそうだ。ジョギング、水泳、筋トレ。

なんとかビールとデザートの追加注文に会話を誘導しようとするが、「節制が大事」とのことだった。

あえなく失敗。子供の話、旦那の話、いろんな話をしたけれど、私の頭は最後はデザートとビールでいっぱいだった。

なので皆さんがもしいくならダイエット中でもいっぱい食べてくれる人、もしくは大人数で行くことをお勧めする。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

ハーバルスープの研究

先週の日曜日は早起きをしていきなりハーバルスープ(漢方スープ)を作った。

私はハーバルスープが大好きなのだが、ホーカーにいかないと飲めない、自分で作るのは大変だと思い込んでいた。

しかし、偶然、フェアプライスで ↓ のキットを発見したので俄然意欲がわいてきたのだ。

説明書きをみると材料をいれて水で1時間~1時間半煮るだけ。ぐうたらな私にうってつけの調理法である。ハーバルスープが私でもできるなんて知らなかったとはうかつである。

ぐつぐつ煮ること1時間半。さすがに冷房なしでガスを使うと汗が出てくる。そろそろ料理ができた頃、娘たち起床。汗だくで鍋をかき回す私をみてぎょっとする。きっとヘンデルとグレーテルの話に出てくる魔女がいると思ったに違いない。

一口飲んでみると、美味しい―――。お店の味が家庭で手に入るなんて嬉しすぎる。具材はぐつぐつ煮込んだので柔らかくなっている。

嬉しくて長女にもすすめてみた。するとなんと長女鼻をつまみしかめっつらをしながらスープをなめた。直後口を押えて私から逃げ出してしまった。聞くと、スパイシーで苦いんだという。念のため言っとくと全然辛くない。ただ漢方薬の匂いが結構する。

そうだった。すっかり朝鮮ニンジンを抜くのを忘れていた。朝鮮ニンジンは苦い。でもお値段が高いので抜いたらもったいない。とケチってわざと抜かなかったのだ。

イヤといいながらも娘が飲み干すと思ったていたが、首をぶんぶんふって、お椀を戻してきた。次女にいたっては近寄りもしない。

1時間煮込んだ努力が結局自分にしか返ってこず、しかも1.5リットルも作ったのに私以外誰も食べない。

こういうしょうもない結果になったが、今年の目標にNTUCの他のハーバルスープセットを制覇することが加わった。小銭さえあれば誰でも解決できる目標だ。

まずは子供も食べられるハーバルキットを店員さんに聞いてみようかと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

ハイティー@Marriott Tang Plaza Hotel

昨日は一カ月前から楽しみにしていたハイティーに出かけた。

  • 場所:Marriott Tang plaza Hotel
  • 予算:35ドル(日本人会の割引後)
  • 注目ポイント:食事が美味しい&だらだらできる

友人が少々遅れるというので、先に中にはいった。私は広い空間が大好きなのでここで一気にテンションがあがる。

出迎えてくれたのはウェルカムドリンク。

これがとても美味しかった。ハイティーへの期待が高まる。

ここで友人が赤ちゃんとともに到着。絶対に寝てもらいたかったから今日は外遊び2時間させたの!!と友人が言うので、あまり期待しすぎて寝なかったらがっかりするし、起きたところで動画なりでごまかせばよいというと、絶対に嫌と全力で否定された。

結局、友人の願力が功を奏したのか、赤ちゃんは早々に寝てくれた。大人のハイティーが開始。

よくセルフサービスで取りに行く形式のハイティーがあるけれど、あれが私は面倒臭くてしょうがない。がっかり度が半端ないのだが、今回のマリオットは由緒正しくトレーで運ばれてきた。

食事が美味しい。ものすごく美味しい。特にトレー一番上のデザートがなんとも言えない美味しさだった。

少し残念だったのはクロワッサンのサンドイッチとお茶。まずクロワッサンからいくとベジタリアン用なのかマヨネーズとトマトとレタスのみが挟まっており微妙だった。そしてお茶はなんとぬるかった。そのせいか茶葉の風味が弱い。

しかし、私にとってはダラダラできるか、食事が美味しいかが最重要ポイントなので多少サンドイッチが微妙でも、お茶が水みたいでも問題はない。

ゆっくりハイティーで本でも読んでくつろぎたい、友人とおしゃべりしたい、という人にはすごくお勧めできる場所なのでぜひ。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

 

Little India で買った絵をついに飾る

昨年の秋のことだ。リトルインディアのヘリテージセンターに絵を買いに行った。私はFacebookでヘリテージセンターをフォローしているのだけれど、そこにアップされていた絵がどうしてもほしくなったのだ。

上の娘の手を引いて熱い日中にリトルインディアまででかける。実はこの時に以前書いた、お財布をなくす大失態をおかした。

ショックが大きかったせいか、絵の作者が誰かとか、他の民芸品がどこから来たのかとか肝心なことはなにも覚えていない。

ヘリテージセンターでの展示

お財布も置いてあった。ただしこのお財布はSGD 200 を超えており、値段がかわいくなかったのでスルー

お財布をなくし、夫の帰任が決まりそうで、娘のローカル小が決まって引っ越し先を探したりと、日々の忙しさに飲み込まれて
せっかく絵をかったのにしまったままになっていた。

そしてCovid19で家に引きこもる日が続く中、えーい今こそ飾ってしまえということで額縁をオンラインで注文して飾ってみた。

実はこの絵は布である。布に版画?のようにプリントされている。だからキャンバス地のような固めのものにしっかり固定する必要がある。

 

色合いはものすごく地味なのに、人の営みにがいきいきと伝わってきて素敵だと思うのだ。

さて買った絵は二つ。恥ずかしながら買った時、サイズを考えずに買ってしまったのでまだ飾ってない絵がある。

拡大すると

早く飾りたいのだけれど、横長の絵なのでオンラインだと合う額縁が見つからない。

なのでサーキットブレーカーが終わったら今度こそ先延ばしにせずに額縁屋さんに行ってみようと思う。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

Takoyaki Party with English course classmates

Last weekend, I had the Takoyaki Party with my classmates with British Council. It was a lot more fun than expected. We were most excited when one classmate showcased how to turn Takoyaki. Afterwards, we all tried to turn it.

先週末、たこ焼きパーティーをブリティシュカウンセルの仲間たちと開催しました。予想以上に盛り上がりました。一番盛り上がったのはクラスメイトがどのようにたこ焼きをひっくり返すか見せた時。その後、みんなでトライしてみます。

Besides me, there were seven people: Japanese, Portuguese, Singapore, Indonesian, Indian and Chinese . One friend let us hold the party in her condo.  The unit is in high floor and good view!

私の他に集まったのは7人。日本人、ポルトガル人、シンガポール人、インドネシアン、インド人そして中国人。友人の1人がパーティー場所を提供してくれました。高層階から眺める景色は素晴らしかったです。

We brought our countries’ own cuisines. There were a lot of varieties. The Portuguese friend baked their well-known egg tarts. I must highlight how nice it was. This was first time for me to eat it. Some said her egg tarts were different from Hong Kong style and they preferred hers. I would prefer eating her egg tarts with tea rather than coffee.

各国の料理を持ち寄りました。中でも美味しかったのはポルトガル人のクラスメイトのエッグタルト。他のクラスメイト曰く香港のエッグタルトとは全然違うらしいです。私は初めて食べたのですが、全然甘くなく、サクサクしていてあっという間に一個食べてしまいました。珈琲よりも紅茶と合わせたい感じでした。

I didn’t know people love Takoyaki so much. Now I am wondering whether I should go to TANGS and buy Bruno which is the electric Takoyaki pan maker.

それにしてもこんなにたこ焼きがうけるとはしりませんでした。Brunoのたこ焼き器を買おうか迷い中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

Lantern Walkを子供と一緒に

やっとこさ重い腰をあげ先週末に長女と次女とコンドの中でランタンウォークしました。

使ったランタンは↓↓どこかで景品でもらったやつです。

ろうそくはVIVOで3個で1ドルだったもの。粘着剤でランタンにはりつけます。持ち手の黄色いスティックは去年のランタンについていたあまり。

出来合い感が半端ないことには目をつぶりましょう。いざ家族総出で出陣!と行きたいところですが、主人はランタンに興味がないので家でお留守番。

私と長女と次女と女子衆で出発でございます。

火災報知器がなるといけないのでエレベーターで下まで降ります。

ここで思わぬ事態が。なんとその晩は

強風

でもめげません。風が吹いていない場所を探しコンドをしばしウロウロ。

5分ほど歩いたところでちょうど風がやんだのでライターをかちり。いよいよ着火!!!!とここでも事件が。なんとライターの油が切れ地味でなかなか着火できない。

風でライターの火が中途半端にゆれて熱いのなんの。痛がる私をみかねて長女が『ママ、もういいよ。ランタンそのまま持つ~』とがらにもなく優しい言葉をかけてきてくれました。でもどうしてもあきらめたくない私。

とうとう点火に成功。

ちなみにここでライターが尽きてしまいもう一つのランタンは着火できませんでした。

まあ、この晩は風がめちゃめちゃ強かったし2歳児が持つには少々危なかったのでよしとしましょう。

重い腰をあげた甲斐があり子供たちがすっごく喜んだランタンウォークでした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村
 

中秋の名月の季節 Mid Autumn Festival 2019

いよいよ中秋の名月の季節がやってきました。2019年9月13日が今年は中秋節にあたります。

私は文句なしに大好きなのですが(美しいランタンに美味しい月餅で言うことなし)、友人の中にはあまり好きではない人もいます。

理由は線香の匂いと灰やお供え物が道路のごみと化すこと。

外国人が多く住むコンドではあまり見かけない線香やお供え物。しかし商業ビルの裏口やHDBの1階ではこの季節よく見かけます。確かにこの暑い南国でミカンや各種お供え物が長期間にわたり放置。しかもそこに灰がまじる。見た目も衛生上もよろしくないとの意見もうなづけます。

しかし、まだ観光客気分が抜けない私にとってはこの風景も含め中秋節はまだまだわくわくするイベントです。

下の写真はつい最近取ったVivoCityのもの。8月下旬から中秋節の贈答品(主には月餅)の商戦が始まります。平日はそうでもないですが、週末はすごい人。わが会社にも取引先からたくさんの月餅が届きます。ただしカロリーがめちゃくちゃ高いので、誰かが器用にいつも切り分けています。

 

 

ランタンの中にいれる蝋が3つで1ドルで売っていました。今週末は夜にランタンをともして子供と一緒にコンドを歩いてみようと思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

8月に思う~We cannot forget, nor completely forgive, but we can salve the feelings that rankle in so many hearts

8月は日本にとって終戦の月(1945年8月)にあたり、シンガポールにとっては建国の月(1965年8月)にあたります。8月は両国とも様々な思いが交差する月です。

昨日はシンガポールの建国記念日。街中のいたるところで
赤い国旗が飾られ、赤いシャツを着た人が歩いています。

街中が赤であふれるこの時期はシンガポーリアンの誇りを感じる時期でもあります。

ご存じの通りシンガポールの建国の父はリー・クアンユー。今、その娘Lee Wei Lingの半自伝「Lee Wei Ling~A Hakka Woman’s Singapore」を読んでいます。

その中に日本の植民地下にシンガポールが置かれた時代の記述があります(Papa’s spontaneous Japanese recollection)。

2009年に三菱ケミカルの本社を訪れた際、案内してくれた小林氏(小林喜光氏)に対しリー・クアンユー氏がこういうシーンがあります。

During the Japanese Occupation of Singapore, I walked past a Japanese soldier. He shouted koi. When I approached him, he kicked me and sent me flying.

リーウェイリンは後でなぜこの出来事を話したのかリークアンユーに聞いたのだけれど、もう彼は理由を覚えていなかったと。そして、

Perhaps he wanted to remind his Japanese interlocutor, who had been born after World War Ⅱ that his fellow country men had once upon a time inflicted great suffering on other peoples in Asia Pasific region.

下記の本はシンガポールのナショナルミュージアムで昨年購入したものです。ここにも日本の植民地時代の記述があります。

 

シンガポール華僑粛清事件についての記述や強制労働についての記述もあります。

リークアンユー自身も粛清に巻き込まれかけたものの間一髪のところで逃れたそうです(自叙伝リークアンユー世界を語る」より)。

戦後、彼は未来を向くことを選びます。Civilian War Memorialでの除幕式での彼のスピーチは有名です。

“We cannot forget, nor completely forgive, but we can salve the feelings that rankle in so many hearts, first in symbolically putting these souls at rest, and next in having the Japanese express their sincere regret for what took place. It is in this hope that I officiate at today’s ceremony.”

(下手な訳ですが、ご容赦下さい)忘れることはできないし、完全に許すこともできない。しかし、多くの人の心に食い込んでいる感情を慰めることはできる。まずは魂を安らぎの場所に導き、次に過去に対する真の後悔を日本が表現することで。私は今日の式典で責務を果たすにあたりこの希望の中にいる。

この姿勢を「未来志向」というキーワードで望ましい形の戦後処理として紹介するコメントをしばしば目にします。また過去に触れることを、過去を蒸し返すとして批判するコメントも目にします。

彼がいいたかったのはそういうことではない。起こったことをなかったことになんて出来ない。鎮魂のために記憶はし続けなければならない。でもそこにハイライトはしない。

リークアンユーがどれほどの思いをもって、どれほどの痛苦の念をもってこの言葉を発したのか。死んでいく同胞も見た、拷問を受けた同胞も見た、自身も粛清に巻き込まれかけた。でもそれでも彼はWe can salve the feelingsといった。

それがどれほど尊い決断だったのか。

この思いを正しく受け止める日本であってほしいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

南国でおすすめの観葉植物

日本にいた頃は花を部屋に飾るのが好きでした。ガーデニングができるほど心に余裕がなかったのでもっと手軽に花を飾っていました。

シンガポールでは花は比較的高いのと、いくら冷房をつけてても湿度が高いのですぐ花がダメになってしまいました。長らく花を飾ることをやめていました。

さて、ここにきてシンガポールでは花を飾るというよりも観葉植物を置いている家が多いことに気がつきました。職場にもたくさんの観葉植物が置いてあります。面白いのは観葉植物のデリバリー業者がいて月に一度観葉植物と、唯一の花である蘭の手入れに来てくれます。一度、同僚に「いつもこの蘭きれいだけどどうやって手入れしているの?」と聞いたところ蘭は業者さんが月に一度取り換えに来てくれるとのこと。オフィスの冷房は夜間および日曜日は切れてしまうのにそれでももつなんて蘭とその他観葉植物はとても強いと思いました。

私が思う南国で育てやすい観葉植物をご紹介いたします。
第一位
多肉植物

個人のお宅でも見かけますし、オフィスのいたるところにも多肉植物が置かれています。暑さに強く、手入れがすごい簡単というのが人気の秘密。週に一度水を少しあげるだけです。写真の多肉植物は同僚から昨年ゆずってもらったもの。これは業者さんではなく個人的に皆さん買って飾っています。

第2位

Money Plant

これも第1位と同様どこでも買えます。そして値段も安い。私の隣の同僚の机にも置いてあります(HDBの1階で買ってきたそうです。ビニールの袋がそのままなのが気になる・・・)特別な手入れを特にしなくても虫もつかないし、いつまでも青々としています。

第3位

フィットニア

これはいつも寄るモールのお花屋さんに置いてあったもの。こちらも暑さに強く、育てるのが簡単です。朝と晩スプレーをかけています。数回忘れてしまい、へなへなとなってしまったことがあります。「ママ、植物が死んじゃっているよ」と娘が朝、鉢を持ってきてくれたことがあります。それでもお水をあげたら数時間後にはしゃきっと生き返っていました。

Money Plantはまだ育てたことがないので今度近所で買ってみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

憂鬱~手巻き寿司を披露しなければならない羽目になりそうです~

いつもいつも暑いシンガポール。そう、四季がある日本とは違ってこの国は何かアクションを起こさないと決して変化は起こらない。

この国で働くと会社がらみのイベントの多さに驚きます(以下、あくまで私の一体験談としてお読みいただければと思います)。日本で働いていた時はせいぜい忘年会やプロジェクトの打ち上げぐらいでした。しかし、シンガポールの会社はとにかく企画が多い。単にみんなで飲みに行くのではなくて、プレゼント交換、○○色を着ましょう、TeamBuilding(昨年はなぜかゲームセンターで宝物探し)、出産お祝い、結婚お祝いなどなど。

そして大変なのが

傍観者ではいられないこと。

以前、ウェディングプランナーをやっていた友人が日本人とシンガポーリアンの違いとして社交が得意かどうかを挙げていました。お膳立てされた結婚式を好む日本人に対し、自ら社交性を発揮しその場を自主的に楽しむシンガポーリアン。必ずといっていいほどシンガポール式の結婚式に日本人を招くと、招待客のテンションが下がってしまい、うまくいかないと言っていました。

招待客のテンションが下がる気持ちが痛いほどわかる

普通に世間話をするのも大変ですが、アイデアを出して何か形あるものをつくるというのが大変なのと、楽しいふりをめちゃしなければならないというのが苦痛。

でも時はやってきた。8月終わりに総勢20人強いるコーポレートサービスのTeam Buildingがあります。私がいるチーム(5人)が担当。
相談すること1時間、決まったことはなぜか

手巻き寿司コンテスト(発狂)

チャイニーズがたくさんいるんだからパオ大会にしようという案はあっけなく退けられました。インスタで美しくアップされた手巻き寿司の切り口をスクリーンに映し出す同僚。

これすごい良くない、絶対盛り上がるよ!

うん、いい案だと思うけど誰がするの?という私の問いかけは華麗にスルーされ材料を話し出すメンバーたち。
人気があった具材はシーチキンとアボガド。当日は私を含め3人がドンキに行って、残り2人がご飯を用意する予定になっています。
KitoriがDemonstrationを見せてよと言うメンバーたち。

「Japanese Cheffの登場です~て私たち拍手するから、手巻き寿司をお手本で作ってみて」

手巻き寿司をなめるなよ

手巻きずしを切るのって案外難しいんですよ。たくさんネットに簡単に切る方法のっていますけどね。割と形が崩れやすい。

とはいうものの根が小心な私(真面目ということにしておこう!)。稲荷ずしを食べたことがないメンバーがいたりや味付けが受け入れられるかが気になってしまったので翌日作ってきました。

内心は知りませんが、みんな美味しい美味しいといって食べてくれました。

油揚げはドンキで調達。

 

とはいえ、みんなの前でDemonstrationは絶対に断ろうと思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村