Kumon」タグアーカイブ

公文(Kumon)と学研を比較してみると

先週、第1回目の学研を提出し終えました。今回の記事は学研(算数と国語)と公文(国語)についての比較です。あくまで個人の感想であることをご承知ください。やってみた感想はどちらも値段相応。学費が高い公文の方が高い分だけ教材の質もあがるという結論になりました。今後も公文を中心としてやろうと思います。

まずは学研のおすすめできるところから。

■学研は一日にこなす枚数が少ない

公文は書く宿題が10枚、音読宿題が10枚と合計20枚を毎日こなすことが必要になります。一方で学研は1科目2ページのみ。これは親にとってはだいぶ楽です。

■学研はビジュアルが優れており、子供の食いつきがよい

食いつきという意味では学研はいいと思います。絵はかわいいし、カラフルだし割と興味をもってくれやすい。

■学研の文章題はひねりがきいている

上の画像にもあるとおり、噂通り学研の文章題はひねりがだいぶ聞いています。右から〇番目、左から〇番目、上から〇番目、下から〇番目というのはだいぶ娘も苦戦していました。それ以外の問題も集中しないとできない問題があります。

にもかかわらず公文を選ぶのは

■繰り返し学習という意味では公文の方が優れている

まず、公文も学研も値段に見合ったサービスを提供していることを強調したいと思います。決して学研の方が劣っているということではなく、学研は値段に見合ったサービスを提供しています。

さて、会計士の勉強をしている時に痛感したのは基本の大切さと繰り返す大切さ。基礎を身に着けることが学力の向上につながります。私は当時こなした問題をA(とても簡単、初見でできる)、B(答えはあっていたが、プロセスが間違えていた)、C(答えもプロセスも間違えている)に分類し、Cはほぼ2-3日に一回一巡するという方法をとっていました。

基礎を身に着けるのはそれほど簡単なことではなく繰り返すことが超重要。公文はそれをしてくれます。内容の難易度がゆっくりとあがっていき、何度も似たような問題が繰り返されていきます。

一方、学研も繰り返すことは可能です。間違えた問題が採点されて帰ってくるので。もっと繰り返したければ親がコピーを取ることもできるでしょう。しかし、問題は
そんなことしていられない。トータルで考えると手間がかからないのは公文という結論になりました。

■計算力が結局は大事だと思う

公文でよく言われているのが、算数の文章題が少ないというもの。公文の考え方としては算数の最終的な目標は高校数学ができようにすることなので計算力強化に特化しているというもの。博報堂のスピーチライターのひきたよしあきさんが著書の中で、昔、算数が苦手で何を聞かれているか分からなかったと。そしたら先生から問題を書き写すよう言われ、半信半疑でそれを続けたら算数が解けるようになったと書いていらっしゃいました。林先生も以前テレビで話していましたが要は国語力が大事だということです。

ただし、私は、算数の文章題を理解するのに必要な国語力はそれほど高くないと思っています。高校数学をやった方ならわかると思うのですが、高校に入ってくるとかなり高度な計算力が必要になってきます。数式が意味するところを理解することの方が全然大事であり、それには計算力を身につけないと解けません。

お値段がだいぶはるのでうちは公文の算数をとっておらず珠算をしていますが、ある程度のところで公文の算数を取ろうと思っています。公文も通信があるのでそちらをとろうかと。

という以上公文と学研の比較でした。公文信者のようなことを書いてしまいましたが、公文は本当にやり続けるのが大変です。なのであくまで参考および個人の感想ということで。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

学研を海外受講してみることにしました

公文を始めたきっかけ

去年から長女と始めた公文。始めたきっかけは長女がいつになったら文字を覚えるか甚だ不安になったことです。絵本を読んでもらうのは大好きなのに、4歳を過ぎてもいまいち文字を書いたり読んだりすることがなかった長女。「むずかしいもん」「ママ、読んで」がおきまりでした。そこに拍車をかけたのが英語の環境。このままではまずい・・・。と夫と話し合い公文を始めることになりました。公文では年齢相当よりだいぶ下のレベルからスタート。毎日四苦八苦して親子で取り組んだせいか、今では自分で絵本を読むまでに成長。時々「ママだいすき」とお手紙を書いてくれることも。公文はこれからも続けていくつもりです。

学研をはじめようと思っているわけ

  • 親子で楽しめる時間を増やす

私は父から算数をしばらく教えてもらっていた時期がありました。母は子供を教えることに全く向かない人(すぐにイライラとしてしまう)でしたが、父は非常に教えるのが上手で今も小学生相手に囲碁を教えています。子供心にも「学校の先生よりもお父さんの方が教えるのが上手」と思っていました。外遊びは父とはまったくしませんでしたが、算数を楽しく教えてもらったことは今も覚えています。

このため、私も父を習って娘と勉強する時間を作りたいと思っていました。娘がパズルや迷路などインドアな遊びが好きということもあり、知育教材を解く時間を増やすことで楽しく親子の時間を過ごそうと思った次第です。

  • 公文でも大丈夫だけど・・・
    公文でも大丈夫ですが、なにせここは海外。日本語だけで月10,000円を超えます。これに対して学研は算数、国語の2教科で9,520円(海外通信費込み)。この費用の側面と、学研の問題を娘に解かしてみたところ楽しかったようで、毎日やりたい!とのこと。教材の内容が娘にあってそうだったので受講を決めました。ちなみに算数だけをとりたかったのですが、それはできないとのことなので算数と国語の2教科を受講する予定です。

診断テストを取り寄せてみました

  • 診断テストが楽しかった娘
    さっそく診断テストを郵送で取り寄せ、一晩机に置いておきました。わが長女はかなり目ざとい(パパとママの書斎には何か楽しいものがあるに違いないと信じている)ので、診断テストもすぐに発見。一目見るなり解きたいというので解かせたところ、結構いけました。そしてなによりも本人が楽しかったようです。ママ、これ毎日解きたい~!とのことでした。本人がやる気満々の時を逃してなるものか、ということでさっそく翌日には申し込みました。

長い目でみてどうなるかはまだ分かりませんが、試しに始めてみようと思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村

Kumonの面談終了~子供の日本語をどうやって伸ばしていくか~

長女は公文(日本語)に通っています。先日、面談が終わりました。

先生より順調です、とのお言葉をいただきました。毎晩課題をやらせることにヒーヒー行っているのでほっとしました。

私からの相談としては

  • 今後長女はインターに行く
  • 今の長女は英語も日本語も話すけどどちらも中途半端な気がする
  • 幼稚園の日本語の先生は長女をおしゃべり上手とほめてくれるけれど親としては同年代の日本に住む日本人の子よりはつたない気がする

先生のアドバイスは

  • 子供の言葉は大人との交わりの中で伸びていく
  • 大人と日本語で話すことで言葉から稚拙さが消えていく
  • 家で毎日1時間日本語に時間を使うとしたら30分は公文をしたとしても残り30分は絵本の読み聞かせをした方がよい
  • その際には長女が好きなプリンセスものだけではなくていろんなジャンルの本を読んだ方がよい

とアドバイスをいただきました。

長女の年内の目標としてはカタカナまで読める、書ける(公文でいうところの小1相当)こと。
この目標が達成できるか不安ですが、私自身、書くこと読むことが好きですし、日本語の美しさを長女にもゆくゆくは感じてほしいと思っているので頑張るしかないのでしょう。

シンガポールに来るまではバイリンガルは自然にできるものだと思っていましたが大間違いでした。

本当にバイリンガルへの道は親も本人も大変です(汗)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

【子育て】公文(KUMON)を半年続けてみた感想

日本で絶大な人気を誇る公文。ここシンガポールでもKUMON式は国籍問わず、圧倒的な立ち位置を確保しています。

本日は、半年前から上の子が通いはじめた公文(日本語)について感想を書いてみます。

親の関与が半端ない

 2歳からシンガポールに住む上の子。4歳過ぎても英語も日本語も中途半端だったので、心配した私たち夫婦は意を決して公文のドアを叩きました。

待つこと半年。ようやく空席ができたとの連絡がありましたので勇んで公文教室に向かいました。

まず驚いたのは宿題の多さ。1日分として書く宿題が約10枚、読む宿題が10枚及びひらがなカード10枚あります。さらに普通は週二回通うところ、共働きの我が家は週1回しか通えません。1週間分の宿題を4歳児にさせなくてはいけないはめに!「お母さん、働いていらっしゃいますけど、大丈夫ですか?家庭での取り組みが大事なんです」と先生から念を押されての入会でした。

宿題を見ただけで眩暈がしましたが、ようやく半年待っての入会。これは夫婦で頑張るしかないだろうと腹をくくりました。

しかし、あまのじゃくの4歳児が素直に親の言うことを聞くはずがありません。毎日なだめすかしながら机に向かいました。この半年間、「集中してやればすぐ終わるでしょう(怒)」という小言を何度言ったことか。夫の出張や残業が続く時は私が、時間のある時は夫、という役割分担で勉強をみました。

それでもようやくペースが掴めてきました

さて半年たった最近の状況。宿題全てを夜にやっていた時もあるものの、試行錯誤して今は以下に落ち着いています。

朝:テレビを見る前に書く宿題。宿題が終わったら遊んでもよい
夜:8時にはテレビを消して読む宿題。宿題が終わったら遊んでもよい。なおメイドさんはこの頃にはお休み。

というふうに朝10分、夜10分の勉強配分にしています。ちなみに、下の子は真似したがるお年頃。大人しくしてもらうため、絵カードやお絵描き作戦をとっています。

公文をやってよかった

半年前に比べると上の子の日本語は格段に伸びました。親がこれほど関与しているので当たり前といえば当たり前なのですが。書くのは怪しいのですが、読めるようにはなってきました。本人もいったん読めるようになると楽しいのか、本を音読するようになりました。以前は本を開きながら空想でおしゃべりしていたので随分進歩しました(それはそれで可愛いんですけどね)。この前の面談では「順調ですね」と先生に言ってもらえたのでほっとしました。

ただし、今後、公文を二教科分やるとか、下の子の公文の面倒もみれるのかと問われると自信は全くありません…。

 

 

以上になります。

もしよかったらポチっとお願いいたします(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村